犬の誤食で病院に

3歳になるトイプードルを飼っています。飼い始めた時から暴れん坊で、テンションが高めの性格のため、部屋の中で放し飼いにすると、物を壊したり布を破ったりして大変でした。

今は8ヶ月の赤ちゃんもいるため、部屋ではゲージの中で大人しくしてくれ、朝と夕方に外にお散歩に連れて行く生活です。先日、わたしが赤ちゃんを抱っこして、お散歩に連れて行ったところ、道に落ちていたプラスチックの破片を誤食してしまいました。

あっ!!と思った時には遅く、噛んでいたプラスチック片をゴクンと飲み込み、そのまま慌てて病院に連れて行きました。吐き出させる処置をしましたが出てこず、レントゲンで見ると、大きさから、内視鏡で取れない場合は開腹手術になるとのこと。

その夜は連れて帰り様子をみましたが、やはり胃の中にあるので痛がりとてもかわいそうで、心配でした。手術の予定日が決まり、家族もみんなその日までの我慢よと励ましながら過ごしました。

手術前日の夜は絶食で、胃に当たるのか、また痛がっていたところ、グェッグェッと言って、胃液と一緒にプラスチック片を吐き出しました。

病院でかなり大きいので、吐き出すのは無理だろうと言われていたのに、手術はよっぽど嫌だったのか、自力で吐き出してくれました。

結局、病院では胃薬だけ出され手術は回避することができ一安心。

家族全員でホッとしました。道路には危険なゴミが落ちていることがあるので、これからは目を離さないように注意してお散歩しようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>